FX

【FX】通貨ペアの特徴の理解と重要性

こんにちは。管理人のぴこです。

為替市場における各通貨の変動を利用したバイナリーオプションやFXでは、どんな通貨をペアにするかによって利益の出し方も変わってきます。

ここでは、トレードに使われることが一般的な通貨ペアごとに、分かりやすくその特徴をご紹介しましょう。

通貨ペアによって変わる信頼性

トレードに使われている通貨ペアには、いろいろな国の通貨があります。

どの金融業者を利用するかによって、どの通貨ペアで取引できるのかは異なりますが、日本国内の業者を利用する場合なら日本円とほかの通貨の組み合わせが多くなります。

海外業者の場合だと、アメリカドルとかユーロなど国際的に流通量が多い通貨を始め、トルコのリラとか南アフリカのランドなど、比較的マイナーな通貨での取引も可能です。

こうした通貨ペアは、国際的にその通貨がどれだけ信頼があるかによって値動きが変わります。

国際的に信頼性が高いと言われているハードカレンシーは流通量が多いという点や安定しているという点から、短期間に相場が激しく変動することは比較的少ないという特徴があります。

ちなみに、ハードカレンシーには、アメリカドルを始め、ユーロや日本円、イギリスのポンド、スイスフランなどがあります。

通貨ペアごとに変わる信頼性というのは、具体的に意味しているものは何でしょうか?

信頼性が高い通貨ペアは、国際的に多く流通しているハードカレンシーが多くなるわけですが、流通量が多いということはそれだけ多くの人達がトレードしているということでもあります。

そして、そのトレーダーたちは世界中に拡散していて多種多様な金額で取引をしているため、相場が安定しやすく、信頼性が高くなるというわけです。

とにかく信頼で通貨ペアを選びたいというトレーダーなら、世界レベルで流通量が最も多いアメリカドルとユーロを組み合わせたユーロ・ドルの通貨ペアがおすすめです。

その他にも、ドル・円とかユーロ・ポンド、ポンド・ドル当たりは信頼性が高いので、高額の取引をする場合などには安心材料となるのではないでしょうか。

デイトレードにおすすめの通貨ペア

通貨には、世界のどのぐらいの地域でどのぐらいの流通量があるかによって、相場の変動に様々な特徴があります。

一般的には、米ドルのように世界各地で多く流通している通貨なら、一部の地域で社会情勢や金融情勢に変化があっても通貨の相場という点では大きな変化が起こりにくいという特徴があります。

ユーロの場合には、ヨーロッパという狭い地域でメインに流通している通貨となるものの、複数の国が採用している通貨という点で、安定性が期待できます。

しかし、こうした安定した通貨は、通貨の信頼性という点ではオススメなのですが、相場の短期変動によって利益を出したいというデイトレードには、あまり適していないともいえます。

FXの場合なら、レバレッジを使うことができるため、少ないへんどうでも大きな利益につなげることは可能です。

しかし、相場の変動を楽しみながらトレードしたいデイトレーダーの中には、ユーロ・ドルの組み合わせはイマイチつまらないという人が少なくありません。

そんな人におすすめなのが、信頼性が高い通貨でありながら、ドルやユーロよりも相場が変動しやすい特徴を持つ通貨です。

例えば、イギリスのポンドやスイスのフランなどが挙げられます。

ポンドとフランは、どちらも経済的に安定している国をメインに流通している通貨なので、信頼することはできます。

しかし、狭い地域で流通しているため、その国の経済や社会情勢などに影響を受けやすいという特徴があり、取引される規模も小さいために相場の変動がドルやユーロと比較すると激しくなる傾向にあります。

この点では、デイトレーダーにもおすすめの通貨と言えるのではないでしょうか。

通貨ペアの信頼性を損なうことなくデイトレードを楽しむなら、ドルとポンドの通貨ペアにするとか、ユーロとフランの組み合わせなど、安定している通貨と相場変動が少しだけ激しい通貨のペアを選ぶと良いでしょう。

マイナーな通貨ペアはどう活用する?

FXやバイナリーオプションなどでは、マイナーな通貨ペアを使ったトレードも可能です。

どの業者のサービスを利用するかによって、どんなマイナーな通貨で取引できるかは異なりますが、マイナーな通貨としては、トルコのリラ、南アフリカのランド、中国の元、オーストラリアドル、韓国のウォンなどが挙げられます。

こうしたマイナーな通貨ペアは、流通量が少ないというだけでなく、流通している地域も狭いため、その国の経済や政治の影響を受けやすいという特徴があります。

そのため、根拠のあるトレードをして高い確率で利益を出すためには、かなりの経験と高いスキルが求められる通貨ペアになるでしょう。

マイナーな通貨ペアは、FX取引においては相場変動を利用した取引ではなく、スワップポイントを活用した利益の出し方に李硫黄するという方法がおすすめです。

マイナーな通貨ペアの中には、スワップポイントが8%を超えるような超高金利を受け取ることができる通貨もあるので、ぜひチェックしてみてください。

マイナーな通貨だと、その国の社会情勢によっては通貨の価値が短期間にどんどん下がってしまうというリスクはもちろんあります。

そのため、そのあたりとの兼ね合いも考えながら、スワップポイントで賢く稼ぐのがおすすめです。

スワップポイントで稼ぐ場合には、その通貨ペアをスワップポイントの口座にずっと維持していなければいけないため、その部分を取引に使うことができません。

もしもFXの口座にただ置いてあるだけの資金がある人は、ぜひ検討してみたい利益の出し方かもしれません。

まとめ

FXやバイナリーオプションにおいては、為替市場で取引されている多種多様な通貨を組み合わせることができます。

信頼性の高いハードカレンシーは比較的安心ですが、ハードカレンシーの中でも相場が変動しにくいアメリカドルやユーロがある一方で、流通量が少ないために相場が変動しやすいイギリスポンドやスイスフランなどもあります。

うまく組み合わせて、自分のトレードスタイルに合った通貨ペアを見つけたいものです。

ABOUT ME
ぴこ
とある証券会社で5年働き、その間株、FX、バイナリーについての知識を取得。今では人生をセミリタイアし、徳島の田舎でのんびり生活。 主にバイナリーオプション、FXについて発信しています。