スポンサーリンク

バイナリーオプション勝率72%を誇る『ピンバー手法』とは?エントリーポイントも解説

スポンサーリンク
バイナリーオプション
スポンサーリンク

こんにちは。管理人のぴこです。

 

今回はバイナリーオプションで勝てる手法の一つ『ピンバー手法』をご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

はじめに

検証の結果勝率が72%になりました。

バイナリーを始めたばかりの頃に、ピンバー手法だけに絞って勝っていた!という仲間もいるほど、分かりやすい手法です。

【検証期間】6/1~6/30

【バイナリー業者】ハイローオーストラリア

【ローソク足】5分足

【エントリー数】39回

【成績】WIN:28回 LOSE:11回

【勝率】72%

【利益率】1175.4%

【利益額(1,000円エントリー)】13,640円

 

バイナリーオプションにおけるピンバー手法とは?

それでは解説していきます。

ピンバーとはなにか?

まずピンバー手法を解説する前に、ピンバーとは何か知っておく必要があります。

ピンバー=実体が短い+明らかに長いヒゲをつけているローソク足

画像で解説すると以下のようなローソク足です。

このようなローソク足をピンバーといいます。

実体の約3倍程度の髭が出ていますね。

ピンバー=実体が短い+明らかに長いヒゲ

こんなイメージでOKです。

このピンバーが現れた次の足で逆張りエントリーします。

MT4上の設定

次にMT4の設定を見ていきます。

使うインジケーターは『ボリンジャーバンド』のみです。

 

パラメーターは

・期間20 偏差2

・期間20 偏差3

の二本立てです。

わかりやすいように2本の色や太さを変えておきましょう。

エントリーするべきポイント

以下の3つの条件でエントリーです。

①ピンバーが出現している

②実体の終値が偏差2と偏差3の間に収まっている

③髭が偏差3を抜けている

実際のチャートでエントリーポイントを確認

では実際にエントリーポイントを確認してみましょう。

逆張りですので、丸をつけているローソク足の次の足でハイエントリーです。

綺麗なピンバーですね。

次の足はしっかりと陽線をつけています。

まとめ

ピンバー手法はバイナリー、FXではかなり騙しが少ない手法の1つと言えます。

そのためあまり何度も取引チャンスは多くはありませんが、1時間に2〜3度あります。

焦って綺麗ではないピンバーでエントリーすると意外と負けます。

そのあたりの見極めは何度も何度もエントリーして、慣れる必要があります。

デモトレードでもいいかもしれませんが、僕は実際に身銭を使ってエントリーする方が早く上達すると思っています。

デモトレードだと、負けたときに分析をあまりしないんですね。

 

反発するピンバーの見極め方がわかった時から着々と資産は増えていくでしょう。

トライ&エラーです。

是非参考にしてみてください。

バイナリーオプション
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ぴこをフォローする
スポンサーリンク
ぴこめも!

コメント